「スプレッド」とは外為は通貨を売り買いして儲けを狙う商取引です。売買の値段は、四六時中上がったり下がったりします。これがレートです。インターネットでニュースをみているとドルやユーロの為替の話題が流れることがあります。よくあるのが「本の為替相場は1ドル=80円50銭から52銭で取引されています」という具合です。それは80円50銭から80円52銭の間で買ったり売ったりされているという意味ではなくドルを買うときには80円52銭、売るときには80円50銭、であることを提示しています。FXには買いと売りの値段があります。売値のことをBID(ビット)、買値のことをASK(アスク)と提示している業者もあったりします。普通は買値よりも売値が小さくなるものです。現実に買値は高く、売値は低くなります。この差額をスプレッドといいFX業者の稼ぎのひとつとされています。スプレッドの差は業者によって変化します。スプレッドの差はあなたにとってコストになるので、小さいFX取引会社をピックアップしたほうが有利です。ただし、同じFX業者でも場面によってスプレッドの差は大きくなったり小さくなったりします。仮に普段は円とドルの通貨ペアでわずか1銭のスプレッドの狭さであるとしても、為替相場の変動が激しい状態では広くなったりします。そういう訳で、スプレッドが狭いのと合わせて、安定しているということが必要です。近頃では固定したスプレッド幅を提示する取引会社もいくつもあります。リアルに取引会社の注文画面の中で相場を見なければわからないので手間がかかりますが、必要不可欠な事です。貴重なお金を賭けて売買するのですから売買の前に、魅力的に思えたFX取引会社の口座開設を試して、スプレッドの狭さを見ておきましょう。同じ外貨でもその瞬間の相場の変動率によって、通貨ペアのスプレッドの幅は異なる場合があります。通常、銀行間取引市場で売買高が多い通貨ではスプレッドが小さく、それ以外の通貨ではスプレッドの幅が広くなる事が多いです。

Copyright © 2002 www.farleyinwriting.com All Rights Reserved.