ここでは為替市場というもののベーシックな原因についての説明をしたいと思います。為替相場は「人の手で現金の送付をしない場合でも金銭のやり取りの意図を達成するやり取り」を言います。通常為替相場というとあらかた外国為替のことを示す事が一般的です。外為というのは国同士の通貨のやり取りのことを示します。海外へ旅行(スペイン、韓国、タイ、米国)をしたならば絶対に外国の為替の取引の経験があります。銀行窓口にて旅行先の貨幣へと取り替えをするならば国際の為替になると思います。為替レートとは何かと言うと買いたいと思う人と売りたいと思っている人の価格を表したものです。銀行同士の取引によって確定するものです。その銀行はマーケットメイカーと言われる指定の複数の銀行なのです。為替相場は様々な働きを受けても休まずにみるみる変動します。相場を動かして行くきっかけとしてはファンダメンタルズというものが挙げられます。ファンダメンタルズとは経済の動き、経済の基礎的条件とかいろいろな要因のことを表すものです。その国の経済の上昇や景気の状況、物価の指数、通貨政策、国際収支、失業率、重要人物の発言等々の要因が絡み合って為替レートは変化し続けます。とりわけ貿易収支と無就業者数は影響が大きいと思います。国際収支というのは日本の組織でいう財務省の用命で中央銀行(日本銀行)貿易統計を叩き台として書いた異国との任意の期間の売買を残したものです。貿易収支は中央省庁や日銀のホームページの中で見られます。雇用者の統計、失業者の数も重要視されることが多い理由なのです。特にアメリカ合衆国の労働者の統計は重要とされます。月に一回提示され、調べる内容が広いところが特色です。為替の相場の動きはその国の経済の変化なのです。景気の変動を理解することで為替相場の変化見通しが可能であると言えるのです。

Copyright © 2002 www.farleyinwriting.com All Rights Reserved.